消費者金融で最短借り入れ術※今すぐ借りるための小ワザ
消費者金融で最短借り入れ術※今すぐ借りるための小ワザ
  • 今すぐ借りたい人必見!消費者金融に申込んで最短で借りるとしたらいつになるかズバリ解説。

    また、できるだけ最短で借りるための小ワザ紹介で即日融資の希望に近づけます。

最短で借入するに

大手消費者金融を利用すれば、中小消費者金融や銀行のカードローンなどと比べても断然スピーディです。

会社名審査回答まで
 融資まで
 プロミス  最短30分  最短1時間
 アイフル  最短30分  最短1時間
アコム
 最短30分 最短1時間
モビット
 最短30分最短即日

モビットでWEB完結を利用する場合は、利用条件に注意が必要です。

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることに加え、社会保険証または組合保険証を持っていることも条件となるため、正社員か公務員のみが利用できるサービスとなっています。

 

最短で借入れするためには、ネットで申込みをして、振込融資をしてもらうか自動契約機でカード発行をするという2つの選択肢があります。

 

振込融資を選択した場合は、出掛ける必要がない上に1分もかからず振込してもらえることもあるので、スピーディで便利です。

カードレスになるというメリットもあります。


ただし、14:00までに振込依頼を完了する必要があるため、申込みは平日の午前中までに済ませるのが望ましいです。

審査に時間がかかることもあり、余裕をもって申込みすると安心です。

間に合わないと翌日の融資になってしまいます。

 

自動契約機でカードを発行した場合は、コンビニなどのATMを利用してお金を受け取ることになります。

自動契約機が家や職場から遠い場合はその分時間もかかってしまい面倒なので、事前に場所をチェックしておくのがおすすめです。

申込みは営業終了時間の1~2時間前までに済ませると安心です。

振込融資よりも時間帯には余裕ができますが、審査や混雑しているなどで時間がかかるケースも考えられるので、できる限り早めに行動するのがおすすめです。

ネットでの申込みのメリット

どこにいても申込むことができ、手続きが速いというメリットがあります。

パソコンだけでなく携帯からも申込みすることができるので、外出先や家など、思い立った時に申込めます。

振込融資の場合は、一歩も外へ出ずに申込みから融資まで行うことも可能です。

 

自動契約機を利用する場合でも、事前にネットで申込みをして審査を済ませておけば大幅に待ち時間が短縮されるため、メリットが大きいです。

申込みから自動契約機を利用する場合などは、審査結果が出るまでその場で待つ必要がありますが、ネットで申込みをした場合は電話やメールで審査結果がわかるため、審査結果が出てから行動することができるので無駄足を踏まずに済むというメリットもあります。

万が一、審査に落ちた場合でもすぐに他の業者に申込みするということも可能です。

最短で借入するためのポイント

借入れをするために時間がかかる行程は審査です。

審査をスムーズに行ってもらえれば、より早く融資してもらえることになります。

そのためには以下のようなポイントに気をつけて申込みをする必要があります。

 ポイント 理由・詳細
 申込み時の記入は正確に 記入漏れや誤字、脱字に注意
信用されず、審査に通らなくなることも
 申告は正直に 年収や他社借入件数、借入総額などの嘘はごまかせない
嘘がバレると信用度が下がり、審査に時間がかかる
 提出書類の不備
(書類による在籍確認の場合)
 再提出になれば時間がかかるため、提出書類(勤務先の名前が入った保険証や給与明細など)の不備に注意特に画像不鮮明にならないように気を付ける
 借入希望額を相応に 借入希望額を大きくしすぎると、お金に困っていると思われて審査に時間がかかることも

もっと詳しい情報を知るなら主婦向けローンを紹介しているサイトがおすすめです。

最短借入れのポイントや、即日融資対応しているキャッシング会社が紹介されているので、申込み先の検討に役立ちます。